種よ芽を出せ

夫に80万円を返済するためにあれこれするブログです。

コーヒー 豆乳ラテ コラーゲン

お題「コーヒー」

f:id:avocat1:20181022110657j:plain

 

お題スロットというのは、いつからありましたか。私は今朝気が付きました。そこで、スロットを回して一番最初に出てきたのが「コーヒー」というお題でした。ちょうど、二杯目のコーヒーを飲み終えたところでした。今朝は、豆乳ラテ(ソイラテ)とブラックを飲みました。

豆乳ラテ

プロテインを作るようなシェイカーに少量の豆乳とコラーゲンを入れてシェイクします。豆乳は簡単に泡立ちます。それをコーヒーの上に注いで出来上がりです。砂糖をなるべく取らないようにしているので、豆乳は成分無調整のものを選んでいます。コラーゲンは舞華の食べるコラーゲンという粉末タイプのものです。安くて続けることができます。豚皮由来のものと、魚由来の二種類があります。私は、魚由来のものを使っています。 


 

そんなに癖のある味では無いのですが、コーヒーに入れるだけではせっかくのコーヒーが美味しく頂けません。豆乳ラテなら全く問題無いです。カフェラテでもいいかもしれませんが、私は牛乳嫌いなので試したことはありません。毎日飲んでいると分かりませんが、しばらく飲まないで再開すると、びっくりするくらいコラーゲンの効果を感じます。朝、顔を洗う時に「なんで、今朝は肌が柔らかいのかな。」と思います。一袋千円程度なので、無理なく続けられる金額なのも嬉しい点です。

一日に2~3杯

コーヒーは、豆を電動ミルで挽いてドリップしています。ポットに2~3人分を淹れます。一人暮らしなので、それを午後までに飲んでいます。夜眠れなくなるので、夕方からはカフェインレスの飲み物にしています。若い頃は何を飲んでも眠れていたのに、いつの頃からか眠れなくなりました。カフェインだけのせいではないのかもしれません。倒産被害にあって、もうすぐ財産状況報告集会というものがあります。そのことを考えていたら、昨夜は眠れなかったです。今朝は起きるのが辛かったです。そんな訳で朝から二杯のコーヒーでした。

換気扇のフィルター 毎日洗っています

まず、食器の洗い方

換気扇のフィルターの話の前に、まず食器の洗い方について書きたいと思います。ミニマリストの中には、洗い桶、水切りカゴ、三角コーナーを使わないという人がいます。私も三角コーナーは使いませんが、洗い桶と水切りカゴは使っています。洗い桶は絶対に必要だと考えています。野菜をため水と流水で洗っています。そして食器洗いも、洗い桶に洗剤を溶いて使っています。原液をスポンジに付けるのが主流でしょうか。でも、原液は手にも強すぎると思います。水、またはぬるま湯に洗剤を溶いても洗浄力は強いです。洗い桶に三分の一のぬるま湯に洗剤をワンプッシュで食器の全てを洗うことができます。

f:id:avocat1:20181020175832j:plain

食器を洗うついで

残った洗剤液で、換気扇のフィルターを洗っています。我が家の換気扇は三枚のフィルターがはまっています。そのうちの一枚だけを洗います。左から一枚抜いて二枚を左に寄せて、洗ったものを右に付けることにしています。これで、どれを洗ったかと考えなくても順にきれいになります。フィルターは少しべたついているくらいです。すぐに洗い終わります。さらに、残った洗剤液で排水プレート、ストレーナー、排水栓を洗います。特別な洗剤を使わなくても、簡単にきれいになります。

リセット

洗い桶と水切りカゴは使い終わったら拭いて、しまいます。我が家は流しの下に入れています。洗い桶はステンレス、水切りカゴはプラスチックです。毎回拭いていると、水切りカゴがヌメヌメしたりカビたりすることはないです。

毎日が面倒ですか?

毎日これを繰り返しているだけで、特別な掃除をすることは少ないです。一度きれいになってしまえば、毎日の作業は本当にわずかな時間ですむことばかりです。


 

浅型はゴミの始末も、洗うのも簡単です。

持ち手が付いているものより、この形の方が使い勝手がよいです。

 

習慣の力 歩く 

歩くと体調が良い

実家の母は、近所に買い物に行くのがやっとのことで、歩けなくなったと言っていました。ところが、私が帰省して母を連れ出して出歩くとけっこう歩くことができました。もう、歩けないから出かけられないと言っていたのに、自分から出かけたいと言い出しました。わずか数日でも、歩くことの効果を感じたようです。私は田舎に住んでいるので、移動手段は車になることがほとんどです。日頃歩かない私も、歩くと体調の良さを感じました。

f:id:avocat1:20181020163801j:plain

習慣にするまでが難しい

歩くことの良さは感じるのですが、これを習慣にするのは難しいです。新しい習慣はすでに持っている習慣に結び付けると定着しやすいそうです。以前ジョギングの習慣があった時は必ず朝八時過ぎに走っていました。その時も何か自分にスイッチを入れるものがあったはずです。NHK連続テレビ小説を見終わったら、走っていたのでしょうか。だいぶ前の事なので、何をきっかけにしていたのか忘れてしまいました。それに、今は朝テレビを見る習慣はありません。もう一度、以前に読んだ本を読み返してヒントを得ようと思います。その本は「習慣の力」です。断捨離をしている中でも残っている、数少ない本の中の一冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣の力 (講談社+α文庫) [ チャールズ・デュヒッグ ]
価格:993円(税込、送料無料) (2018/10/20時点)


 

 

おとな世代の自分探しは今すぐやめよう

こんな言い方あり?

先日シニアについて書きましたが、今度はこんな言葉に出会いました。「おとな世代」です。車を運転する時はラジオを聞いていますが、「悩みの多い私たち大人世代には・・・」と何かの商品を紹介していました。ラジオショッピングというものです。そう言えば、私が契約している自動車保険も大人の自動車保険という名前でした。「美魔女」はそうとう気持ち悪い言葉なので引っ掛かりますが、この「おとな世代」にはすり寄ってきたことに気が付かなかったです。今、一番消費する世代にあの手この手ですね。そういう言葉として私が最大に引っ掛かっているのは、「自分探し」です。もう最近は言わなくなっていますか。

探さなくたってここにいる

自分探しという言葉を聞くたびにそう思っていました。「今のままのあなたではだめ。」と不安を煽って、得しているのは誰かであって自分ではないです。今よりもっと良くなろうという向上心は否定しません。それと今の自分を認めないのとは別です。探そうというからには、今の自分は本来の自分ではないということになります。

f:id:avocat1:20181012122756j:plain

不思議な時間の旅

時間のことを思う時、いつも思い出すのは小学校4年生のある授業です。1970年、大阪万博のあった年でした。先生は「あと30年で2000年になります。その時君たちはお父さんやお母さんと同じくらいの年齢になります。」その時、クラスからは「エーッ!」という大きな声が上がりました。30年後にお父さんやお母さんの年齢になるということが、あまりに遠い未来で、到底来るようには思えなかったんでしょう。子供の頃には今しかありませんでした。それが、とうに2000年は過ぎ、あの授業から50年近くが経とうとしています。それを思う時、いつも不思議な気持ちになります。

時間も自分も今にフォーカス

「いつか〇〇したら・・・」という言葉をよく聞きます。今できない言い訳のように感じることがあります。もしかしたら、そこまでやりたいことではないのかもしれません。本当にやりたいことだったら、たとえ今は少ししかできなくてもコツコツやっているはずです。いつかではなくて、今やりたいことをたとえ僅かでもするのはどうですか。その、やりたいことが見つからないなんて言っていたら、自分探しのループにはまったままです。

写真の断捨離 デジタル化 デジタルデータも増えすぎると負担

時代に逆行かもしれない

最近、レストランでの料理や旅の風景などの写真を撮らなくなりました。料理の写真は、もう自分で撮る以上に素敵な写真がすでにアップされています。風景写真も同じ理由から撮ることは少ないです。撮るのはプライベートな人物写真くらいでしょうか。また、メモ代わりに写真を撮ることがありますが、用が済んだらすぐに削除しないと大変なことになると思っています。今は膨大な写真も検索から見つけることができますが、取っておいても意味のない写真は、やはり断捨離しておいたほうがいいと思います。手書きで自分で取ったメモなのに、まったく何のことなのか忘れてしまってメモを捨てることはないですか。捨てるときに、大切な物だったらなどと捨てるという決断が大変ではないですか。断捨離に疲れないように、早めの対処がいいと思います。

f:id:avocat1:20181011220541j:plain

ネガとプリント

デジタル以前の写真は全部デジタル化しました。膨大な量を手作業でしましたが、お金はあまりかかりませんでした。断捨離と同じで毎日コツコツと続けました。ネガを捨てていなかったので、この作業ができました。安いスキャナを購入しました。確か1万円ほどのスキャナでした。画質は良くないとのことでしたが、プリントしなければ問題ないです。プリントはすでにあって、そのうえでのデジタル化なのですから、タブレットなどで問題なく見られればよしとしました。

スキャナはこのようなタイプのものを使いました。

 

もちろん予算が許せば、プロに頼むのもありだと思います。

例えば、カメラのキタムラのネットショップなら、メニューから[プリントサービス]→[写真・動画保存サービス]→[紙・写真のデータ保存]と進めば、[ネガからCD]や[アルバムそのままDVD]などの多彩なサービスが選べます。

アルバムの整理

写真のデジタル化が終わったところで、写真の断捨離をしました。とは言ってもすべてを捨てたわけではありません。昔の重いアルバムからはがして、無印のポケット式のアルバムに入れました。その時に同じような写真や風景写真、明らかに変な写りの写真などを捨てていきました。昔は同時プリントというのが主流でしたから、ピンボケもプリントされていました。そんな写真もとってあったのには驚きです。機会があれば、大量の8ミリフィルムをどうしたのかということも書きたいです。

傘 楽折スタイル こだわり

最強の折りたたみ傘を見つけた

f:id:avocat1:20181011170049j:plain

折りたたみ傘のはほとんどが晴雨兼用になっているようです。紫外線を遮るということは雨も遮りますと、売り場で聞いたことがあります。今私が気に入っているのは、「楽折(らくおり)スタイル」というものです。従来の折りたたみ傘より長さがありますが、その分中棒が長く傘も長傘に近い大きさがあります。また持ち手が「曲がり手元」なのも使いやすいです。ジャンプ傘もありますが、手で開くものを選べばその分軽くなります。気に入ったポイントは

  • 晴雨兼用
  • 折りたたみ傘でありながら、中棒が長く傘が大きい
  • 曲がり持ち手
  • 軽い
  • たたみやすい

従来の折りたたみ傘よりは大きいですが、スーツケースやメッセンジャーバックには入ります。


 

何本傘を持っていますか

私は楽折スタイル一本ですと言いたいのですが、実は4本も持っています。そのうちの2本は車に積みっぱなしです。日傘と晴雨兼用の折りたたみ傘です。日常は2本の傘を使い分けています。長傘と楽折スタイルです。車の中の置き傘は無くてもいいかもしれません。

こだわり

これだけは、絶対に譲れないことが一つだけあります。それは、長傘をたたんだ手で、ちゃんとかさのボタンを留めるということです。郵便局の傘立て、図書館の傘立て、どこに行ってもボタンを留めてある傘は1割程度です。手が濡れるのがそんなに嫌ですか。ボタンを留めてあれば傘立ては使いやすいですし、人の傘の中に突っ込みそうになることもないです。これがマナーとして定着する日が来ないかと、ずっと思っています。電車の中などもボタンを留めて欲しいです。

 

シンボルツリー 記念樹 切る時が来るのか

年々難しくなる剪定

通路ほどしかない狭い庭に木や草花を沢山植えました。庭仕事はストレス解消になります。ところが、自分では手に負えないことが増えてきました。まず、木が大きくなりすぎたことです。数年、家を貸していました。業者に依頼しての、庭木の剪定を申し出ましたが、入居者に断られてしまいました。何も手入れされない木は弱って、背丈だけヒョロヒョロと高くなっていました。草花はほとんど消えていました。夏の水やり、時々の肥料だけで二年程すると木は茂るようになりました。その間剪定もしていましたが、あまりに高くなりすぎました。今年の春には、思い切って丈をつめました。来年また丈をつめる予定です。ただ、それも自力ではできなくなってきたのが、シンボルツリーとして植えた木です。子供の高校入学の時に植えた記念樹も、同じく自力では難しくなってきました。

f:id:avocat1:20181010125108j:plain

どこかで変えるべきか

庭をどうするのか、一度作ってしまった庭を大きく変えることの難しさを感じます。まず、自力で管理がいつまでできるのか。お隣に迷惑をかけずに、庭を楽しむ範囲も考えなければなりません。数年前に、国勢調査員をしました。国勢調査のお願いに尋ねた家の中には、雑草が背丈ほどに伸びて、蚊が大量発生していたお家がありました。シニアの女性ひとり暮らしでした。庭のことが、いつからかできなくなったのでしょう。剪定を業者に依頼するのもひとつの方法でしょう。または、低木に植え替えるなどして庭を作り変えるのもひとつでしょう。ご近所で、ご主人が長い時間をかけて全ての庭木を処分されたお家があります。これからお庭はどうなるのでしょう。自力でできる間に、変更を決めたのかもしれません。

エクステリアを頼んだ業者が倒産していた

健康の問題からも、私が自力でできるのは日々の手入れくらいです。庭木の処分など大きく変更するには、業者に依頼するしかないと思います。家を建てた時にお世話になった業者に、相談だけでもしてみようと思いました。ところが、その業者はもうなくなっていました。倒産したようです。資材置き場にしていた広い土地にアパートが建っていました。社屋も別の店舗に変わっていました。処分できる資産があったのなら、顧客に迷惑をかけなかったのかもしれません。倒産したことは分かっても、それにより泣き寝入りをした人がいたのかどうかは分かりません。

業者選びが怖くなっている

倒産の被害者になった今は、業者選びがとても怖いです。そして、会社の倒産は珍しくないことだと知りました。家のカーテンをお願いしたカーテン屋さんも閉店しました。倒産なのか廃業なのかは分かりません。ローマンシェードという昇降するカーテンが昇降しなくなったので、修理を依頼しました。直しに来ましたが、部品が合わないとそのままになったきりです。金銭的には被害はありませんが、倒産にしろ廃業にしろダメになる兆候を見た気がします。