種よ芽を出せ

夫に80万円を返済するためにあれこれするブログです。

Zenfone Max M1 イジェクトピン 代用

 イジェクトピンが無い時

新しいスマホを買って、シムを入れようとした時イジェクトピンが見つかりませんでした。後から、WE LOVE PHOTOと書かれた箱をきちんと開いたら 留めてありました。LOVEはスマホ2つが組み合わさってハートを形作っています。とてもおしゃれなパッケージデザインです。カメラ機能を重視したモデルということでPHOTOなのだと思います。私たちが携帯しているのは電話ではなくて、音楽も聴けて電話もネットもできるカメラなのかもしれません。イジェクトピンが見つからなかったので、代用としてピアスで開けました。クリップなどを広げて使う方法はよく知られていると思います。私もクリップを手にして広げようとした時に、ピアスを連想して試してみました。バッチリ、シムのトレイを引き出せました。シムとマイクロSDカードをセットしました。次にもし使う時があるとすれば、海外で現地シムを差す時でしょうか。ピアスはいつも着けているので、イジェクトピンを常に携帯しているのと同じです。

f:id:avocat1:20181104124356j:plain

 

お出かけはポシェットひとつ

ラカンミニマリストの荷物はすごく少ないです。グレゴリーのポシェットひとつで出かけることがほとんどです。ガーデンタペストリーという柄を使っています。若い男の子が持ったらかっこよく、おばさんが持ってもそれなりにという柄のような気がします。この小さなポシェットに次の物が入ります。

スマホが薄く軽くなったので、ますますポシェットに入れやすくなりました。